注目キーワード

MacBook Proのカバーが欲しい!Windowsユーザーがガチ選びした

MacBook Proにもかなり慣れてき共に外出することも多くなりました。

Windowsも使いながらの両刀使いと晴れて慣れたわけですが、綺麗な外観を保つのが難しくなりそうな予感がジワジワ感じます。

外出が増えるときになるのがカバーの傷。MacBook Proは外装が本当に素晴らしいほど綺麗なわけです。

これまたスペースグレイがお気に入り。

細かい傷がつかないようにしたいな〜〜〜と。

MacBook Proにはどんなケースがある?

MacBook Proのケースは意外と安価なものが多くありました。

Appleショップで見ればこれまたぴったり収まりそうなのはあるけれど心底グッときたのがなかったので探してみたのです。

  • インナー型ケース
  • バッグ型ケース
  • プラスチックハード型ケース
  • キャリー型
  • シェルフ型

 

最後のキャリー型になると肩掛けで持ち歩くタイプでケースと言えるのかどうか。

バッグに入れて持ち歩きを考えるならぜひハード型がインナー型ケースを検討してみよう。

理由は、バッグに直接入れることが傷の原因になったりすることがあるから。インナー型は、バッグに入れて歩くのはいいが落下の危険性は回避できないところが注意が必要。

選ぶならハード型かインナーか

インナー型のデメリットも緩和するならハード型の恩恵が大きそう。

インナー型なら

英国Snugg社 Macbook Air & Pro 13 用 ケース – 合成レザー製・生涯補償付き (Apple Macbook Air 13・Macbook Pro 13 with Retina, エレクトリックブルー)

カラーも豊富でなんと13色。

PUレザーという素材を使用しているのでMacBook Proを入れて持ち歩きをするのにはめちゃくちゃオシャレ。

ただし、PUレザーはシワになりやすい一面もあったり。充電をカバーから外さずできるのはおすすめ。

結局使うときには、ケースから出して使うのだから落としてしまったり傷つこともありんす。

ブリーフケースには入れにくくなるし大型のバッグが必要になるのでこのまま持ち歩くことを推奨ですw

ハード型なら

そこで、選んだのがこのタイプのケース。

 

i-Blason 耐衝撃 Dual Layer Protective Case (MacBook Pro 13-inch 2016, Black)

耐衝撃性に特化したMacBook Proを完全に上下から挟み込むタイプ。

カラーは4種

  • ブラック
  • ブルー
  • グリーン
  • ホワイト

外観はゴツく好みも別れそうだが、完全にMacBook Proを衝撃や傷から守るにはこれほど適したものがないのではないかと思います。

数あるケースの中でも5000円代と高音の部類。

本来は、カバーをつけずに利用したいが、綺麗なまま使うにはやはりケースは必要不可欠だし、MacBook Proは下取りに出す際も高額取引が期待できるので保険がわりにケースはつけておいても問題どころか必須になるかも。

あとは届いてからのお楽しみ。

windowsノートでは決して思わなかったケースをつけるという概念w

MacBook Proだからこそなのかもしれません。

ぜひ初めてMacBook Proを手に入れることができたら大切にしていきたいですね!